グロースファクターの摂り方

グロースファクターを上手に摂るには?摂取方法は2つ!

肌のハリにも良いとされる「グロースファクター」ですが、どのようにお肌に摂れば良いのでしょうか?

グロースファクターの肌への摂り入れ方法は、2つあります。
美容外科での注射と、化粧品などから摂る方法です。

それぞれのメリットやデメリットなどを紹介していきます。

グロースファクターを摂るなら配合化粧品か美容外科で注射の2択

ネットで検索するとさまざまなグロースファクターを配合した化粧品が出てきます。
また、美容外科では、グロースファクターを直接注射で注入するという方法がとられています。

化粧品と美容外科、それぞれの方法の特徴

美容外科の注射を説明するサイトでは、

美容液等の化粧品でグロースファクターを摂ろうとしても、皮膚のバリア機能が、EGFの様に大きな蛋白質をバリアでシャットアウトし、通さないから、表面に塗っても、殆ど入らないので効果は期待できない

と主張しています。

化粧品で摂ることを勧めているサイトでは、

今ではグロースファクターをナノサイズにしているので、吸収されやすくなっており、細胞膜状の脂質でできたカプセルで、リポゾーム化して肌の奥迄シッカリと届ける

と主張しています。

化粧品でも、ナノサイズまで小さくしていると、肌へも吸収されるようになっています。

 

高い効果!グロースファクターを注入!

美容外科の注射では、グロースファクターを肌に注入することで、注入後3~6ヶ月すると、注入した箇所に、その人本人の皮膚のコラーゲンが生成されていきます。
皮膚にハリが出て、顔のしわや、ゆるみが徐々に改善していく様子が手に取るように写真等と共に掲載されています。

この結果の出方も、やはり個人差はあります。
ですが、時期の早い遅いはあっても、結果は出ます。
また、下がっていた皮膚が自然な位置にリフトアップするお陰で、しわが目立たなくなったりして顔の若返り効果はかなり高そうです。

いずれにしても、グロースファクターを使うことで、その人、その人の線維芽細胞にコラーゲン生成を促してくれます。

外部から補給したコラーゲンを使用するのではなく、自分自身の体内でコラーゲンが生成されるようになるのです。

グロースファクターは、肌が若返るという素晴らしい技術です。

グロースファクターの摂り方には、グロースファクターを美容液などの化粧品で手軽に摂るのか、美容外科に行って注射してもらって摂るかのか、2つの選択肢があることが分かりました。

 

グロースファクターを摂るのは注射か化粧品か?向き不向きを検証

グロースファクターの摂り方には、美容液などの化粧品で摂るのか、美容外科に行って、注射をしてもらい摂るのか、2つの選択肢があることがわかりました。

では、どちらを選んだらいいのでしょうか?
それぞれのメリットなどを見ていきましょう。

グロースファクターを美容外科で注入するメリット・デメリット

グロースファクターのお陰で、自分の肌が実際にコラーゲンの生成を活発に再開するまでにはある程度の期間は必要になります。

とは言っても、美容液などで塗布するのと、注射で直接届けるのとでは確実さとスピード感で大きな差があります。

ですから、ある程度の予算が組めるようであれば、美容外科でグロースファクターの注射をしてもらう方が、結果は早いと言えます。

肌へのハリなどの即効性を求めるのならば、美容外科での注射がよいでしょう。

主に目元へ利用する場合が多いです。

目の下のくまやたるみに効果は発揮してくれます。

グロースファクターの注射をしてから、肌への効果として実感するまでには、2週間から1ヶ月はかかるとされています。

ただ、グロースファクターの持続効果は、結構長いです。

1年から3年は、効果が持続することが多いです。

また、皮膚への直接の注射だけの処置で済みますから、短時間で施術を終えることができます。

施術時間は、約10分程度です。

予算ですが、美容外科でグロースファクターの注射となると1ヶ所につき10万円~20数万円が必要となります。

金額は、施術を受ける美容外科によって変わります。
施術前に、金額の確認は行うようにしましょう。

金銭的負担がかかることが、デメリットといえます。

効果が高いとはいえ、期待していたほどの効果を実感できない人もいます。

受ける美容クリニックの腕の問題もあります。

どのくらいのグロースファクターを注入するのか。
注入しずぎても、いけません。

さらに、炎症反応が起こる可能性や、内出血による色素沈着の可能性などもあります。

グロースファクターの注射を行うときは、信頼できる美容クリニックを選ぶようにしましょう。

 

グロースファクター配合化粧品で摂るメリット・デメリット

美容液などのグロースファクター配合化粧品を使うとなると、1ヶ月8,000円程度かかります。

だいたいと1万円で計算すると、半年で6万円程です。

しかし、化粧品だと顔全体に塗ることができます。
注射の1ヶ所につき10万円~20数万円と比べると、遥かに予算を抑えて挑戦できます。

コスパの面で優れているのが、化粧品のメリットといえます。

グロースファクターが使用されている化粧品については【お肌のハリにおすすめのグロースファクターの入った化粧品】を参考にしてください。

美容外科の注射を選ぼうと思っても、

  • 体質的に無理な方
  • 麻酔などの痛みというリスクに弱い方

は、化粧品でグロースファクターを摂ることを選ばれる方が賢明でしょう。

また、注射は5~10分で終るといっても、注射針の跡が施術箇所に2~3日残ったりします。
施術箇所付近に。1週間ほど腫れが出たりする場合もあります。

皮膚が弱く、傷が跡に残りやすい人には不向きと言えるでしょう。

 

それぞれの都合に合った方法を選ぼう!

結局のところ、注射で摂取するのか、化粧品で摂取すべきなのかというと。

  • 予算も時間もタップリ有り、体質的にも問題がなければ、美容外科でグロースファクターの注射を受ける

そうでない方には

  • グロースファクター配合の化粧品

を選ぶといいでしょう。

化粧品の場合は、整形手術をするのではありません。
変化は徐々にしか現れないため「グロースファクターを摂っている」という秘密はバレずに、自然な形で若い肌を取り戻せます。

あなたにあった方法でグロースファクターを摂取してくださいね。
 


関連記事


ランキング