潤う女性

肌のたるみを改善する成分 ―グロースファクターとセラミド―

潤う女性

「グロースファクター」、エイジングケアに興味のある方なら一度は耳にしたことがある成分名ではないでしょうか?

このグロースファクター、具体的にどういった成分なのか名前だけ知っているではなく、キチンと理解してエイジングケアに役立てましょう。

 

肌のハリに効く成分、グロースファクターってどんなもの?

グロースファクター(細胞増殖因子)は、1962年に後にノーベル賞を受賞したスタンレー・コーエン博士という偉い方によって発見されました。
最初に発見された成長因子はEGF、その後FGF、NGF、IGFといった様々な成長因子も発見されています。
細胞増殖因子からもわかるように、新しい細胞が作られるのを促す働きを持っています。

特にたるみを改善し肌のハリを保つのに重要なのが、グロースファクターの代表ともいうべきEGF(ヒトオリゴペプチド‐1)です。

>>>グロースファクターを上手に摂るには?

 

EGF(ヒトオリゴペプチド‐1)とは?

EGFは、もともと人の体内にあるタンパク質の一種です。
上皮細胞(皮膚の部分)を新しい細胞に生まれ変わらせる働きがあり、肌のターンオーバーには欠かせません。
頭皮にも働き掛けるので、美容だけでなく育毛の分野でも脚光を浴びています。

しかし、このEGFは体内に持っていても増やすことはできないので、歳と共に減っていきます。
年齢が進むほど肌のターンオーバーが長くかかってしまうのは、EGFの数が減ってきているからです。

増やすことのできないEGFですが、化粧品などで外から摂り入れることはできます。

摂り入れられたEGFによって肌のターンオーバーが進められると、ハリと潤いのある若々しい肌が保つことができます。

肌のハリにはEGF

成長因子も種類によって効果が違います。たるみが気になり出したらグロースファクターの中でもEGFが効果的。
化粧品購入の際は、グロースファクターの種類の確認も行いましょう。

 

潤いの定番成分、セラミドとは?

お店の陳列棚にズラッと並ぶ化粧品、中でもセラミド配合のものは多いです。

エイジングケアだけでなく化粧品成分として定番になっている「セラミド」、その効果を今一度紹介しましょう。

セラミドは、もともと人が持っている成分です。皮膚の組織は大まかに分けて3つ、皮膚表面から表皮、真皮、皮下組織の順番になっています。

セラミドはその3つのうちの一番上の皮膚に近い組織(表皮)の中にあり、細胞と細胞の間のすき間を埋める役割をしているので「細胞間脂質」とも呼ばれています。

セラミドがしっかりとすき間を埋めることで、紫外線といった外的要因から肌を守っています。(肌のバリア機能)
また、「脂質」でありながら水分を蓄えるので、たるみの改善、肌のハリを保つ働きがあります。

 

セラミドの種類

肌の中にあるセラミドには種類があり、セラミド1~7に分けられます。

それぞれに異なった効果があり、肌のハリやたるみ予防には、保水力&小じわ改善の働きがあるセラミド3と6が適しています。

化粧品のセラミドの種類

化粧品成分に入っているセラミドは4つに分けることができます。まず天然か合成かによって2つに分かれ、使った原料によってさらに分かれます。

天然由来

  • 動物性セラミド…動物(現在は馬が主流)から摂れるセラミド。人のものと性質が近く、保水力が高い。
  • 植物性セラミド…植物(米・麦・トウモロコシ・大豆・こんにゃく芋など)から摂れるセラミド。動物性に比べ効果が劣るものの肌に優しく低刺激。

合成由来

  • 人型セラミド…酵母を利用して作られたセラミド。人が持っているものと同じ構造のため肌に馴染みやすいが、他のセラミドに比べて高値。
  • 疑似セラミド…石油から化学合成で作られたセラミド。安価で使いやすいが、他のセラミドと比べ保水力、バリア機能では劣る。

選び方のポイント
質のいいセラミドでも、入っている量が少ないと肌のハリ・たるみの改善には効果が発揮されません。

どのセラミドを使うにしても、配合量が多めのものを使いましょう。

>>>ハリを保つためのスキンケア基礎知識

 


関連記事


ランキング