たるみ毛穴に悩む女性

原因から改善まで、たるみ毛穴解消法を教えます

たるみ毛穴のような肌トラブルは、できるなら肌に現れる前に何とかしたいものです。

しかし、顔は服に隠れている部分と違って、常に露出しています。
そのため、肌トラブルが真っ先に現れやすいのです。

たるみ毛穴の解消には、日頃からのケアが大事になってきます。

たるみ毛穴の改善のためにも、原因も知ることが大事です。

ここでは、たるみ毛穴の原因や改善方法、おすすめの化粧品などを紹介していきます。

そもそもたるみ毛穴?どんな毛穴のこと?

毛穴の詰まりの原因になりやすい化粧品

一般に毛穴トラブルというのは、皮脂、メイク、古くなった角質などが毛穴に詰まって毛穴が広がってしまうことを言います。

さらに、詰まった汚れが黒ずんでしまうと、毛穴が余計に目立つようになります。

そこに、肌のたるみが加わったらどうなると思いますか?

丸い毛穴が、肌のたるみとともに伸びてしまうのです。

あなたも、鏡でチェックしてみてください。

楕円形やドロップ型の毛穴はありませんか?

そんな形の毛穴があったら、それはたるみが加わったことによる「たるみ毛穴」というわけです。

たるみ毛穴の原因は?

たるみ毛穴の引き金となる「肌のたるみ」はどうして起こるのでしょうか。

肌のたるみには、大きく3つの原因にわけることができます。

3つの原因を詳しく見ていきましょう。

 

その1 外側からの原因

紫外線

肌内部にまで届く紫外線は、肌の弾力を保っている成分(コラーゲンやエラスチンなど)を壊してしまいます。

肌の乾燥

乾燥によって保湿力が低下すると、肌はハリを失っていきます。

 

その2 内側からの原因 肌の老化

ハリ成分は、20歳をピークにしてどんどん数や質が低下して、肌のたるみの原因になります。

 

その3 生活習慣からの原因

偏った食生活

栄養は、生命維持に必要なところから優先順位がつけられます。
ですので、偏った食生活は肌の維持まで栄養が回らなくなります。

睡眠不足

肌ダメージを修復する成長ホルモンは、睡眠中にしか分泌されません。
睡眠時間が不足すると代謝が進まず肌のターンオーバーもスムーズにいきません。

喫煙

煙草に含まれるニコチンは、血管を収縮させるので、身体に必要な酸素や栄養素が運ばれにくくなります。
当然、肌への栄養素も運ばれにくくなります。
その結果、肌の状態に影響が出てきます。

ストレス

ストレスを受けると出る「ストレスホルモン」は、血管を収縮させたり免疫機能を低下させます。
肌のバリア機能も低下するので、ストレス状態が長く続くと、肌荒れに繋がります。

上記の原因によって、たるみ毛穴が生まれてしまいます。

 

たるみ毛穴を改善するには?

加齢による肌の老化は防ぎようがありませんが、他にも改善策はいろいろあります。

 

たるみ毛穴改善策その1.外側の原因をなくす

外側の原因というのは、紫外線と乾燥対策のことをいいます。
特に紫外線は一年通して降り注ぎますので、対策は重要です。

紫外線は、肌のハリ成分を壊すだけでなく肌のターンオーバー周期も乱します。
そして、それは肌の乾燥にも繋がります。

メイクをしない日でも日焼け止めは必ずすること、一年中通して肌の保湿の徹底して行うことが必要です。

 

たるみ毛穴改善策その2.生活習慣の改善

①禁煙を心掛ける

喫煙が体にいい影響を与えないことは、誰もが知っていると思います。
喫煙している人は禁煙を、していない人は副流煙を吸わないように注意しましょう。

②睡眠をきちんととる

「夜は眠って朝起きる」がベストなのですが、仕事によっては叶わない人もいるでしょう。
睡眠中にしか分泌されないホルモンもあるので、まとまった睡眠は大事、6~7時間はとっておきましょう。

③バランスのいい食生活

ハリ成分の一つコラーゲン、摂ったからと言ってそのままコラーゲンが吸収されるわけではありません。
摂ったものは一度アミノ酸に分解されて、体内で再び合成されるからです。

しかし、食べたものが私たちの栄養となるわけですから、バランスのいい食事を摂ることは身体の健康、肌の健康に繋がります。

肌にいいとされるビタミン・ミネラルを多く摂れるような食生活を心掛けましょう。

④自分なりのストレス発散方法を作る

生活している限り、ある程度のストレスは誰にでもありますが、溜めこむのはよくありません。
肌トラブルにならない程度に発散しておきましょう。

ただし、暴飲暴食の発散法は食生活が乱れますので、おすすめできません。

 

どんなに高価な化粧品や貴重な成分の入ったスキンケアを使っても、乱れた生活習慣を送っていてはきれいな肌にはなれません。

成人女性の場合、仕事だけでなく家事や育児などもあり、いろいろ忙しいとは思います。
ですが、少しずつでも改善できることはしておきましょう。

 

たるみ毛穴対策、過度なスキンケアはNG

肌のたるみの改善は分かったけど毛穴ケアは?放っておいていいの?

ここまで読んでいただいたあなたは、、このように思われているかもしれません。

たるみを改善し、肌のキメを整えることは毛穴ケアにも繋がります。

毛穴ケア=クレンジング、洗顔をしっかりするイメージがあります。

もちろん正しいやり方なら問題ありません。
ですが、スキンケアもやり方を間違えるとかえって悪化してしまいます。

 

間違ったスキンケア例

オイルクレンジング

落ちにくいメイクも落とせるオイルクレンジングは、皮脂や黒ずみで悩んでいる人は使ってしまいがちです。
ですが、オイルクレンジングは、本来必要な皮脂まで落としてしまいます。

スクラブ入り洗顔

スクラブ(小さなツブツブ)が汚れを掻きだすイメージがあります。
しかし、スクラブが肌を傷つけ乾燥・敏感肌になってしまいます。

毛穴パック

角栓がごっそり取れる毛穴パック、取れた時は気持ちがいいものですが、はがすとき痛みを感じることありませんか?

実は、パックによって肌に必要な角質まではがれてしまうからです。

角栓が取れるからと、毛穴パックを過剰に使っていると、角質を補おうと未熟な細胞で作られた肌はどんどん乾燥していきます。

あと、方法は合っていても、不必要に何回も洗ったりしても結果は同じです。
かえってたるみ毛穴は悪化すると思いましょう。

 

たるみ毛穴におすすめな化粧品はある?

たるみ毛穴が気になったとしても、大人の女性ならノーメイクというわけにはいきません。
毎日使う化粧品では、どういったものがおすすめなのでしょうか?

 

とにもかくにも保湿重視の化粧品を選ぶ

肌の乾燥は、肌トラブルの原因に必ず入っている、といっても過言ではありません。

肌が乾燥すると、乾燥を補うために皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まる原因になります。

また、目元の周りなどに出てくる細かなシワは、たるみの前兆と言われています。
細かなシワの原因にも、肌の乾燥が関わっています。

保湿化粧水、保湿クリーム、保湿美容液など保湿をうたった化粧品はたくさん出ています。
たるみ毛穴をなくすためには、保湿重視の化粧品がおすすめです。

 

ハリ成分の産生を補う成分が入っている化粧品

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といえば肌のハリを保つ成分で、多くの化粧品に入っています。

しかし多くの化粧品は、肌の奥、真皮まで届いていません。(もちろんそれでも肌の保湿にはなります。)

なので、ハリ成分の産生を補う成分が入った化粧品を選ぶようにしましょう。

代表的な成分は、グロースファクターやビタミンC誘導体です。
コラーゲン産生のサポート成分として知られています。

ビタミンC誘導体は皮脂が過剰に出ないように調整する働きもあるので、毛穴ケア対策にも有効です。

グロースファクターについては【グロースファクターって何?】も読んでくださいね。

たるみ毛穴の改善をしたいのなら、上記の成分が配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

肌のハリやたるみに効果が期待できる化粧品ついては【肌のハリ感UP&たるみ毛穴ケアにもおすすめの化粧品】で紹介していますので、参考にしてみてください。

 

日ごろのケアが10年後のお肌を保つ

年齢が進むにつれて、肌が衰えるのはどうしようもありません。

でも、毎日キチンと化粧品などでケアすることで、何もしないよりはずっときれいな肌を保てるはずです。

「まだ、たるみ毛穴にはなっていないから大丈夫。」では済ませるのは危険です。

今後、たるみ毛穴にならないためにも、化粧品などで日ごろのケアは怠らないようにしましょう。


関連記事


ランキング